イタチの生態と被害|東海・北陸・近畿・中部でのイタチ駆除なら中部イタチ相談センター

MENU
駆除のご相談・お問い合わせはフリーダイヤル0120-554-234 年中無休・24時間受付中! メールでのご相談・お問い合わせはこちら

イタチの生態と被害

イタチの生態・特徴

イタチとは

捕獲したイタチ
イタチとは

当社への駆除依頼の大半が、チョウセンイタチによる被害です。イタチは日本全国に生息していますが、特に大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取などの関西エリアが駆除依頼の多い地域です。イタチは、ハクビシンなどに比べとても獰猛で肉食性が強い動物です。愛くるしい姿をしていますが、むやみに手を出すのは大変危険です。蛇やネズミ・モグラなどの小動物、また時には池の鯉やニワトリなど自分よりも大きなものまで襲って食べることも多々あります。そのため排泄物は、ハクビシン等の糞よりも強い悪臭を放ちます。ただ肉食のみというわけでもないので、農作物を荒らすという被害も報告されています。

生態

イタチ
イタチの生態

胴体は30~40cm
尻尾の長さは約10~20cm
細長い胴体に丸い耳が特徴
メスは1/2~2/3程度の大きさ
指の数は5本
一夫多妻性
年1~2回出産し、一度に3~7匹産む
子育ては基本メスのみで行う
ニホンイタチは在来種 チョウセンイタチは移入種(外来種)
メスは非狩猟獣のため捕獲禁止
凶暴・肉食
天敵は鷲や鷹などの猛禽類

特徴

イタチの足の指
イタチの足の指

日本全国に分布しているイタチ属の動物は、細長い体に短い足、鼻は尖り丸く小さな耳があります。水辺を好み、木登りや泳ぎが得意です。体重は2kgを超えるものは少なく、ネコ目の中でも最も小型です。イタチ類は、オスに比るとメスが特別小さいのが特徴です。体格は小柄ですが、小動物や自分より大きなニワトリや鳩なども単独で捕食する非常に凶暴な肉食獣です。天敵は猛禽類とキツネ等。

習性・行動

イタチの食べた鳥の残骸
屋根裏で食べた鳥

昼間にイタチを見かけることもありますが、基本的に夜行性です。夜に獲物を捕えることが多く、木登りなどを得意としています。 敵に追い詰められると臭腺と言う肛門付近の肛門腺から強い臭気のある液を分泌します。これが付着すると悪臭は何日もとれませんので、注意が必要です。近年、人里に降りてきたイタチが、家畜小屋や養殖用の池または畑などを荒らす被害が大変多くなっています。

イタチによる被害

騒音被害

屋根裏で営巣するハクビシン
屋根裏で活動するハクビシン

イタチは気が付かないうちに家の天井裏に侵入しているケースが大変多く、気が付くと天井の方から騒音がするなんてこともよくあります。住み心地の良い屋根裏で営巣・繁殖活動をするイタチは、夜活動する動物ですので、人間が寝静まる頃に活動は活発になり、その騒音で住人が睡眠不足になってしまったと言う声もよく聞きます。また、ハクビシンが屋根裏を走り回ることで、天井が歪んでしまったり、ひどい場合は天井が抜け落ちる等の被害も発生しています。

臭い

天井裏のイタチのフン
天井裏、イタチののフン・尿被害

イタチの住み着いた屋根裏は強烈な悪臭を放ちます。排尿、排便による臭いや、イタチ自身の臭い、マーキングのために臭腺から分泌される臭いなどで家屋に異臭が立ち込めます。また、イタチは一定の場所にまとめて排泄(ため糞)するため、糞の量や被害期間が長いと天井板が腐り、抜け落ちてしまう場合もあります。また、排尿・排便は様々な食中毒や感染症の原因にもなります。

ダニ・ノミ

イタチの二次被害・ダニやノミ
ダニ・ノミの二次被害がおこることも。

イタチの体には多くのダニやノミが寄生しています。屋根裏などに営巣されるとそこから家庭内に飛び散り住人がその被害に遭うことが多々あります。 特に女性や小さなお子様など、肌が弱い方、柔らかい方は刺されやすく、刺されると1週間以上激しい痒みに襲われる為、肉体的・精神的被害は甚大です。また、ダニの死骸はぜんそくやアトピー等を引き起こすアレルゲンになりますので注意が必要です。

イタチ駆除は中部ホームプロテクトにおまかせください!

  • 駆除のご相談・お問い合わせはフリーダイヤル0120-554-234 年中無休・24時間受付中!
  • メールでのご相談・お問い合わせはこちら